掃除したい場所からおすすめ業者を検索

エアコンクリーニングをプロに依頼する頻度はどのくらい?業者の掃除が必要なサイン

エアコンクリーニングの頻度と掃除のサイン

空気を循環させるエアコンには、汚れがつきもの。

掃除しないでも使うことはできるけれど、臭いや電気代が気になるものです。

掃除するタイミングがわからなくて、ついつい掃除するの忘れちゃうよ。

エアコンクリーニングの頻度は自分でするのは2週間に1度、プロに依頼するのは1~2年に1度がおすすめ。

この記事では、エアコンクリーニングの頻度と掃除のサインについてご紹介していきます。

エアコンをきれいに保ち、気持ちよく使用していきましょう。

自分でするエアコンクリーニングの方法と適切な頻度

エアコンは、自分で掃除することも可能です。

ここでは、エアコンクリーニングを自分でする場合の方法と頻度についてご紹介していきます。

自分でできるエアコン掃除の範囲

エアコン掃除を自分でする時には、なるべく奥まできれいにしたいと考えますよね。

しかし、構造の複雑なエアコンを素人が内部まで掃除するのは難しいものです。

エアコンって、どこまで掃除していいんだろう?

エアコンを自分で掃除する時には、無理せずフィルターや本体の周囲をきれいにするだけにしておきましょう。

きれいにしようとして壊してしまったのでは、意味がありません。

分解清掃はプロに依頼するものと考え、できる範囲の掃除をこまめにするのがベストです。

フィルター掃除は月に2回が◎

エアコンのフィルターは、空気中のホコリやゴミをキャッチしてくれる部品です。

エアコンをきれいに使うためには重要な部分で、汚れやすい箇所でもあります。

フィルター掃除は、掃除機で簡単にできるよ。

エアコンのカバーを外し、フィルターを外したら掃除機でホコリを吸い取りましょう。

フィルターは水洗いすることも可能です。

汚れが溜まりやすいので、月に2回以上は掃除してくださいね。

関連 エアコン掃除を自分でする方法|フィルターや内部クリーニングの手順

プロにエアコンクリーニングを依頼する場合の頻度

プロのエアコンクリーニング依頼の頻度

日々のお手入れだけでは、エアコン内部の汚れは取れません。

たまには、プロにクリーニングを依頼することも必要です。

通常、プロの業者にエアコンクリーニングを依頼する頻度の目安は、1〜2年

ただ、使う場所によるので寝室などあまり使わない場所のエアコンは3年くらいでも問題はありません。

プロによるエアコン掃除の範囲

プロにエアコンクリーニングを依頼すると、素人にはできない部分まで掃除してくれます。

プロのエアコン掃除範囲
エアコン本体・フィルター・アルミフィン・ドレンパン・ファン・吹き出し口

エアコンを中まで分解・養生して、高圧洗浄してくれるのですっきり。

普段は目に見えないカビなどの汚れまで落ちるので、気持ちよくエアコンを使うことができます。

エアコン内部クリーニングの頻度は1~2年に1回が◎

プロにエアコンクリーニングを依頼するとお金がかかりますし、頻繁に頼めるものではありません。

エアコン内部のクリーニングは、1~2年に1回がベスト。

エアコンをよく使う人なら1年に1回、あまり使わない人でも2年に1回はクリーニングしよう。

依頼する季節を決めておけば、忘れずにクリーニングができます

エアコンクリーニング業者の選び方と注意点 【経験者が教える】安いおすすめのエアコンクリーニング業者|選び方と業者の比較

お掃除機能付きエアコンでもクリーニングは必要

最近増えているのが、お掃除機能付きエアコン。

お掃除機能が付いているのだからクリーニングはいらないと考えがちですが、それは間違いです。

お掃除機能付きエアコンが掃除してくれるのは、フィルターだけなんだよ。

エアコン内部が汚れるのは変わらないので、お掃除機能付きエアコンでも1~2年に1度はクリーニングが必要です。

関連 お掃除機能付きでもエアコンクリーニングは必要!理由と依頼時のポイント

エアコンクリーニングに適したタイミング

エアコンクリーニングの習慣がないと、いつ依頼すればいいのか戸惑ってしまいます。

迷っているうちに、クリーニングのタイミングを逃すなんてことも。

ここでは、エアコンクリーニングのタイミングについてご紹介していきます。

エアコンクリーニングが必要なサイン

エアコンクリーニングは、内部が汚れてきたタイミングで行うものです。

エアコンが汚れてきた時には、次のようなサインが出ています。

エアコンクリーニングのサイン

  • エアコンから出る空気が臭い
  • アレルギー症状が出る
  • エアコンから変な音がする

これらのサインが出た時には、すぐにクリーニングが必要です。

このままの状態でエアコンを使い続けると、健康に害を及ぼしたり故障に繋がる危険性が…

電源を切った状態でエアコンの吹き出し口を見て、そこに黒いポツポツがあった場合は黒カビが繁殖しています。

吹き出し口にカビが出てきているなら、内部にはカビが繁殖している証拠。

臭いや音より早く異変に気付けるので、一度確認してみてくださいね。

エアコンクリーニングの依頼は春と秋が最適

エアコンクリーニングの依頼が集中するのは、使用頻度の高い夏と冬です。

この時期に依頼すると、混み合っておりすぐにはクリーニングに来てもらえないことも。

エアコンクリーニングをするなら、春と秋がおすすめだよ。

エアコンクリーニングの依頼が少ないこの時期には、各業者がお得なキャンペーンをやっていることも多いです。

さらに、春と秋にエアコンクリーニングをしておくと、きれいな状態でシーズンを迎えられます

「久しぶりにエアコンを使ったら臭い」なんて事態も防げるので、春と秋のクリーニングを狙いましょう。

関連 エアコンクリーニングが安い時期はいつ?|費用を抑えるためのポイント

エアコンクリーニングをサボることによる悪影響

エアコンクリーニングをサボるとどうなるか

エアコンクリーニングをした方がいいのはわかっているけれど、ついついサボってしまう人もいるのではないでしょうか。

ここでは、エアコンクリーニングをサボることによる悪影響についてご紹介していきます。

エアコンの電気代がかさむ

エアコンの掃除をサボり、フィルターや内部が汚れていると電気代がかさむようになります。

ホコリやカビでエアコンが目詰まりし、消費電力が上がってしまうのです。

エアコンクリーニングするのとしないのとでは、電気代が1万円も変わることもあるんだよ。

エアコンの掃除をサボると15%ほど消費電力が上がり、年間で考えると1万円近くの違いになります

これだけ違うと、お金をかけてでもクリーニングをした方が結果的にはお得ですよね。

ohuronoyokusouseisoumae1 ohuronoyokusouseisoumae1

カビやホコリをまき散らす

エアコンクリーニングをせずに汚れたまま使用すると、カビやホコリを部屋中にまき散らすことになります。

エアコンのカビやホコリは、咳や病気の原因となることも

エアコンのカビが原因で、肺炎になることもあるから注意。

特に、小さなお子さんはカビの影響を受けやすいので、早めの対応が必要です。

エアコンクリーニングの適切な頻度【まとめ】

エアコンはクリーニングして使用することで、きれいに使えて電気代が抑えられます。

自分でのフィルター掃除は月2回、プロに依頼するのは1~2年に1回が適切な頻度です。

決まった曜日や季節にすると、忘れずにクリーニングできるよ。

長年クリーニングをしていないエアコンなら、尚更その効果はてきめんです。

まだ依頼したことがない方は、一度吹き出し口をのぞいてみてくださいね。

ハウスクリーニング業者の中でも、おそうじ革命は親切でセット割引などが豊富でお得に依頼できます。

対応エリア内であれば他の業者よりも安く依頼できるので、試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です